カテゴリー「南信ドライブ編」の記事

2010年12月 1日 (水)

御岳山麓 深山紅葉の旅

御嶽山の山麓をいくつもの渓谷に分け入り、深山の紅葉を撮影してきました。晴天に映える御嶽山の紅葉は見事でした。今回は上級のドライブルート。赤沢自然休養林、王滝村滝越、田の原天然自然園、御岳霊峰ラインと御岳山麓の険しいルートを走ってきました。ルート公開は2010年12月中旬の予定です。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

ドライブイン信州 南信州編「国道152号線を行く」が公開になりました。

このドライブコースは2007、2008、2009年と何度も取材に通い5時間20分の映像を、38本の映像にまとめた物です。2008年の5月には、最高の晴天に恵まれ、しらびそ峠からの南アルプス、陣馬形山からの伊那谷と中央アルプスと見事な撮影ができました。

ルートの映像は下栗の里ルートと矢筈トンネルルートと少し混同していますが、遠山郷-下栗の里-しらびそ高原-地蔵峠-大鹿村がお勧めルートです。あと「小渋温泉」が赤石岳の山懐にありますが、源泉のみで入浴はできません。オフローダーで秘境を目指したい方はいってみてはいかがでしょうか?

国道152号線は、中央構造線のもろくなった地層が、浸食されてできた谷を走っています。両側の山の斜面は大変切り立ち、南アルプス奥深く谷が入っています。特に高遠の谷の三峰川の谷はたいへん深くまで行っていますね。

今はシャトルバスで行くようになりましたが、分杭峠の「零磁場地帯」は2007年に行って撮影をしています。通行止めの分杭峠を迂回する、折草峠も紹介しています。

25


14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

【静止画予告編】酷道152号線を行く旅

2007年と今年にかけて、上村から大鹿村、高遠町を貫く酷道152号線を走りました。

標高1000mの下栗の里からのぼり、標高1900mのしらびそ高原、700mの大鹿村、1400mの人馬形山、700mの駒ヶ根市までおりまた1400mの分杭峠、最後は800mの高遠町、そして1250mの杖突峠を越えて諏訪の平らに降りてきました。

アルバムもご覧下さい。

2007年はあいにく天気が悪く、伊那谷をすべて見渡すことが出来る人馬形山はごらんの通り。
32015278_1652232688

2009年の5月はバッチリとハイビジョンで撮影ができました。
32015278_2482963742

快晴のしらびそ高原から南アルプスを眺める展望台です。
152

「下栗の里」実際に車載映像を見るとすごいんですが、静止画ではなかなかわかりにくいですね。
152_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月10日 (水)

木曽御岳山麓を巡る旅

今回は御岳山麓をぐるっと回り、長野県側から岐阜県の「濁河温泉」を目指しました。標高1800mの秘湯温泉です。
長野市から高速道路を利用し、中央道伊那ICでおります。そこから中央アルプスを突き抜ける「権兵衛トンネル」を通り、木曽路に入りました。木曽福島では「くるまや本店」で早めのお昼。伝統の蕎麦の味を満喫しました。そこからは地蔵峠から始まり九蔵峠、長峰峠、濁河峠、引き返して寺坂峠、最後に野麦峠を越える秘境ドライブでした。野麦峠はホントに秘境です。松本市からでも、高山市から入っても山また山の峠です。

中央自動車道 伊那ICから権兵衛トンネルへ
1 伊那インター
2 権兵衛トンネル
3 国道19号合流地点
木曽福島から御岳山麓へ
1 木曽福島「くるまや本店」
2 地蔵峠
3 九蔵峠
4 長峰峠
御嶽山麓を彷徨う
1 チャオ御岳スノーリゾート
2 濁河峠
3 濁川温泉
濁河温泉から野麦峠へ
1 日和田高原キャンプ場 パスタ休憩地
2 高根第一ダム 分岐点
3 寺坂峠
4 夕日の見える坂道
5 野麦峠



史上最強SUV 「HUMMER」のすべて! #1
提供(株)JIC
提供:@niftyコンテンツ
スノーピーク ランドステーションMセットスノーピーク ランドステーションMセット
販売元:ニッチ・リッチ・キャッチ
ニッチ・リッチ・キャッチで詳細を確認する
スノーピーク ランドブリーズ5スノーピーク ランドブリーズ5
販売元:ナチュラム Yahoo!支店
ナチュラム Yahoo!支店で詳細を確認する
スノーピーク トレイルトリッパー2スノーピーク トレイルトリッパー2
販売元:ナチュラム Yahoo!支店
ナチュラム Yahoo!支店で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)